【要チェック】妊婦の坐骨神経痛に効く「4つ」の治療法

妊婦の坐骨神経痛

妊娠すると、出産の準備のため、だんだんと骨盤が開いてきます。


また、どんどん大きくなるお腹を支えるため腰の筋肉に負担がかかり、腰痛を引き起こしやすくなります。

【スポンサード リンク】


妊婦腰痛治療法

でも、妊娠中の体はとってもデリケート。治療したくても、あまり刺激が強いものはできませんよね。


妊婦にはどのような治療法が向くのでしょうか?私が妻のために専門医に相談して教えてもらった4つの治療法を紹介します。


楽な姿勢を心がけるべし

妊娠中はいつもと同じペースで生活しようと思っても無理があります。


体はどんどん変わっていくし、精神的にも何かとつらくて涙が出てしまうことも・・・。


ストレスは体の血流を悪くし、坐骨神経痛の原因にもなります。


だから、家族に協力してもらい、なるべくゆったりした気分で生活するようにしましょう。


そして、できるだけ楽な姿勢を心がけることが大切です。


ソファなどにゆったりと座り、まるで威張っているかのように足をちょっと開いてドン!と構える姿勢がおすすめです。


子供を産むというのは命がけの大仕事。多少威張ってもバチは当たりませんよね~。


専用ベルトを使うべし

トコちゃんベルト」をはじめ、妊婦のために考案された専用ベルトは数多く売られています。


自分に合うものを選び、気持ちいいと感じる程度の強さで締めてみましょう。


骨盤がしっかり支えられることで腰の痛みがかなり楽になり、坐骨神経痛の予防にもなります。


薬や整体はガマンするべし

鎮痛薬や整体などは、坐骨神経痛の治療としてポピュラーなものですが、赤ちゃんに影響を与えやすい妊娠中は避けたほうが無難です。


何が原因で悪影響が出るか分からないし、整体はうつぶせになるなど妊婦には難しい姿勢をとることが多いので断られるケースが多いです。


患部を温めるべし

坐骨神経痛は、急性じゃない限り、温めると楽になります。


ゆっくりとお風呂につかったり、カイロで温めるなどしてみましょう。


妊婦の坐骨神経痛に効く4つの治療法まとめ

妊娠中は日常生活のいろいろな事に制限が多いもの。それは坐骨神経痛の治療に関してもそれは同じです。


だから「我慢するしかない」と言われてしまうことも多く、つらい日々を過ごしている妊婦がたくさんいます。


でも、自宅でできる改善法もいろいろとあります。自分に合った方法を探して、少しでも快適に過ごせるよう
工夫してみましょう。

登場人物A管理人

管理人が坐骨神経痛を改善した方法を知りたくありませんか?
坐骨神経痛の症状と治療法 自宅で治す方法【厳選3つ】


【スポンサード リンク】

【人気】坐骨神経痛が改善するオススメコンテンツTOP3

  1. 1週間で改善!坐骨神経痛を自宅で治す【3つの方法】

    管理人自ら実践し、たった1週間で坐骨神経痛が改善した3つの方法とは?

  2. 坐骨神経痛の布団はこれを選ぶべし!

    専門家に聞いた布団の「本音」○○○にしたら坐骨神経痛が2週間で。。。

  3. 坐骨神経痛 ストレッチ【厳選5動画】

    【FBいいね♪100以上】無料で改善!あなたの坐骨神経痛を改善する専用動画厳選5動画!

ページの先頭へ