耐えられない妊婦の坐骨神経痛に効果的な「4つ」の対処法

妊婦の坐骨神経痛

坐骨神経痛になると、通常は病院や整体に通ったり、痛み止めを使用しながら治療を進めていきますが、お腹に赤ちゃんのいる妊娠中は同じような治療を受けることはとても難しくなってきます。

それでは、妊娠中に坐骨神経痛になってしまった場合は、どのように対処していけばいいのでしょうか?

【スポンサード リンク】


マッサージをする

登場人物A管理人

先生、妊婦だと整体などの治療を受けられないと思うのですが、つらい坐骨神経痛はどのように対処していけばよろしいでしょうか?


登場人物B先生

そうですね。やはり、妊婦さんの坐骨神経痛の対処法としては、ソフトな治療が中心になります。

例えば、家族に協力してもらい、マッサージをするのが効果的ですね。

痛みのある部分をさすってもらうだけで血行がよくなり楽になるものです。でもくれぐれも、力を入れすぎないよう注意しましょう。

無理な力が加わると余計に症状が悪化してしまうことがあるので、ほどほどに。


坐骨神経痛の部分を温める

登場人物A管理人

他に出来ることはありますか?


登場人物B先生

慢性的な坐骨神経痛は、温めると楽になります。毎日入浴したり、カイロを使って温めるなどしてみましょう。

冷えると血流が悪くなり、余計症状が悪化するので、靴下をはくなどして体全体を冷やさない努力も必要です。


【関連記事】坐骨神経痛は冷やすべき?温めるべき?

家の中に手すりをつける

登場人物B先生

他にはあまり現実的ではありませんが、いわゆる、バリアフリーの状態を作るのもおすすめです。

特にお風呂やトイレは妊婦が一人で使用するのは大変ですから、そういった場所につかまれる場所を作っておくと生活する上でとても楽になります。


登場人物A管理人

確かに腰に負担がかからない手段として手すりなどは有効ですね!本格的にやらないにしても、部分的一時的にできないか考えてみます!


常に連絡できるようにしておく

最後に、妊娠中は、いつ何が起きるか分かりません。ましてや、坐骨神経痛を抱えている状態では、散歩に出た先で動けなくなってしまうこともじゅうぶんに考えられます。

そのような非常事態を想定して、携帯電話でいつでも家族と連絡を取り合うことができるようにしておきましょう。

妊娠中に坐骨神経痛になってしまったら、妊婦目線で対処していくことが肝心です。

普通の状態ではないということをじゅうぶんに認識して、少しでも楽に過ごせるような工夫をしていきましょう。

登場人物A管理人

管理人が坐骨神経痛を改善した方法を知りたくありませんか?
坐骨神経痛の症状と治療法 自宅で治す方法【厳選3つ】


【スポンサード リンク】

【人気】坐骨神経痛が改善するオススメコンテンツTOP3

  1. 1週間で改善!坐骨神経痛を自宅で治す【3つの方法】

    管理人自ら実践し、たった1週間で坐骨神経痛が改善した3つの方法とは?

  2. 坐骨神経痛の布団はこれを選ぶべし!

    専門家に聞いた布団の「本音」○○○にしたら坐骨神経痛が2週間で。。。

  3. 坐骨神経痛 ストレッチ【厳選5動画】

    【FBいいね♪100以上】無料で改善!あなたの坐骨神経痛を改善する専用動画厳選5動画!

ページの先頭へ