3つの坐骨神経痛の原因を知っていますか?

概要

痛みが強くてとてもつらい坐骨神経痛。どうしてこのような症状が出てきてしまうのでしょうか?原因を探って見ましょう。

そもそも坐骨神経って?

坐骨神経は、体の中のお尻から足先にかけて通っているとても長い神経です。

坐骨神経
画像引用:中央カイロプラクチック院西宮


この坐骨神経がなんらかの事情で刺激を受けたり、圧迫されたりすることによって坐骨神経痛が起こります。


これだけ長い神経だから、足まで痛くなってしまうのですね。

坐骨神経痛の原因になる疾患

腰に関係する他の疾患が原因で、坐骨神経痛を発症してしまうこともあります。

椎間板ヘルニア

ヘルニアの一種で、椎体と椎体の間でクッションの役割をする椎間板の一部が突出してしまい、神経を圧迫することで症状が表れます。


椎間板ヘルニアは痛みが非常に強く、しばしば手術を必要とします。


原因は加齢によるものが多いですが、長期間中腰に負担になるような作業をしたり、激しいスポーツをしたことが原因でなることもあります。

【関連サイト】椎間板ヘルニアの治し方

腰部脊柱管狭窄症

脊椎にある神経の通り道である脊柱管がなんらかの原因によって狭くなり、神経が圧迫されることによって症状が表れます。


加齢によって症状が表れることが多いですが、生まれつき人よりもこの部分が狭く、なりやすい人もいます。


この腰部脊柱管狭窄症が表れると、長時間歩くことが困難になります。


しばらく休めばまた歩けるのですが、長く歩こうとすると痛みが出てきてしまうのです。

梨状筋症候群

椅子に座った時に痛みを感じることが多い疾患です。


尾骨の部分にある梨状筋が持続的に緊張し、その結果、神経を圧迫して症状が表れます。


坐骨神経痛の中で、特に臀部(お尻)の部分の症状が強い場合は、この病名がつくことがあります。


他にも、坐骨神経痛を引き起こす原因になるものはいくつかありますが、主にこの3つが原因となっていることが多いです。


いずれにしても、症状の悪化を防ぐため、日頃から気をつけることができることに関してはじゅうぶんに注意し、早めに医者にかかるなどして対処していきましょう。

くれぐれも、無理は禁物です。

登場人物A管理人

管理人が坐骨神経痛を改善した方法を知りたくありませんか?
坐骨神経痛の症状と治療法 自宅で治す方法【厳選3つ】


【スポンサード リンク】

【人気】坐骨神経痛が改善するオススメコンテンツTOP3

  1. 1週間で改善!坐骨神経痛を自宅で治す【3つの方法】

    管理人自ら実践し、たった1週間で坐骨神経痛が改善した3つの方法とは?

  2. 坐骨神経痛の布団はこれを選ぶべし!

    専門家に聞いた布団の「本音」○○○にしたら坐骨神経痛が2週間で。。。

  3. 坐骨神経痛 ストレッチ【厳選5動画】

    【FBいいね♪100以上】無料で改善!あなたの坐骨神経痛を改善する専用動画厳選5動画!

ページの先頭へ