坐骨神経痛とヘルニアの違いは?

概要

坐骨神経痛とヘルニアの違いは何なのか調べてみました。

坐骨神経痛とヘルニアの違い
「坐骨神経痛」と「ヘルニア」という言葉はそれぞれ

  • 坐骨神経痛・・・痛み・しびれなどの症状
  • ヘルニア ・・・坐骨神経痛を引き起こす病気の一つ
という意味なので、比較する言葉同士ではありません。

つまり、坐骨神経痛の原因の一つにヘルニアがあるという事になりますね。


なぜ、ヘルニアが坐骨神経痛の原因になるのか

坐骨神経痛は、坐骨神経と呼ばれる腰から足先へ向けて通っている長い神経が圧迫されることによって起こります。

ヘルニアは、椎間板が何らかの理由で飛び出してしまうことによって起こります。

このヘルニアが腰骨の部分で起きてしまうと、坐骨神経を圧迫することになり、その結果、坐骨神経痛になってしまうのです。

【おすすめ記事】椎間板ヘルニアの治し方


坐骨神経痛の主な原因

坐骨神経痛の原因になるのは、ヘルニアだけではありません。他にも、このようなものがあります。

腰部脊柱管狭窄症

背骨の真ん中に位置する脊柱管には、脊髄と馬尾神経が通っています。

この脊柱管がなんらかの理由で
狭くなることを脊柱管狭窄症と呼び、ヘルニアと同じようにこれが腰骨のあたりで発症すると痛みやしびれなどが起こり、いわゆる坐骨神経痛の症状が発症します。

腰部脊柱管狭窄症とは?

腰椎変性すべり症

背骨の中には多くの椎骨というものが積み重なっています。

その椎骨が、腰の部分でズルっと滑ってしまうのが腰椎変性すべり症です。

これにより、坐骨神経を圧迫してしまい、坐骨神経痛の症状が表れます。

仙腸関節炎

骨盤のあたりには、仙骨と腸骨と呼ばれる骨があります。

仙骨は尾てい骨の少し上あたりに位置し、腸骨はウエストのくぼみのあたりに位置しています。

この2つの骨がちょうど重なりあう部分を仙腸関節と呼びます。

この仙腸関節に異常が起きると坐骨神経が圧迫されて痛みやしびれなどが起こり、いわゆる坐骨神経痛の症状が表れます。

梨状筋症候群

梨状筋は骨盤のあたりに位置する仙骨から、太腿大転子部に付着する筋肉です。

この梨状筋が持続的に緊張する状態になると、坐骨神経を圧迫して痛みやしびれが起こり、坐骨神経痛になります。

主に臀部(お尻)や太もものあたりに症状が強く出ます。

股関節疾患

デスクワークの人や、普段前かがみになる姿勢の多い人がなりやすい疾患です。

股関節のまわりにある筋肉が常に縮んでしまうことで固くなり、股関節をうまく動かすことができなくなります。

足の付け根が突然痛くなるなど、いわゆる坐骨神経痛の症状が表れます。

坐骨神経痛とヘルニアの違いのまとめ

このように、坐骨神経痛とはいろいろな疾患の「症状」を表すための言葉。

病院で「坐骨神経痛ですね」と診断された場合は、ヘルニアなどの明確な病名がはっきりしていない状態であるといえます。

医師が患者の痛みやしびれの原因をはっきりできなかった時に、とりあえず「坐骨神経痛です」と言ってお茶を濁す場合が多いそうです。

登場人物A管理人

管理人が坐骨神経痛を改善した方法を知りたくありませんか?
坐骨神経痛の症状と治療法 自宅で治す方法【厳選3つ】


【スポンサード リンク】

【人気】坐骨神経痛が改善するオススメコンテンツTOP3

  1. 1週間で改善!坐骨神経痛を自宅で治す【3つの方法】

    管理人自ら実践し、たった1週間で坐骨神経痛が改善した3つの方法とは?

  2. 坐骨神経痛の布団はこれを選ぶべし!

    専門家に聞いた布団の「本音」○○○にしたら坐骨神経痛が2週間で。。。

  3. 坐骨神経痛 ストレッチ【厳選5動画】

    【FBいいね♪100以上】無料で改善!あなたの坐骨神経痛を改善する専用動画厳選5動画!

ページの先頭へ