【要確認】あなたも勘違いしてませんか?坐骨神経痛は病気の名前ではありません

概要

坐骨神経痛はどんな病気なのですか?という質問を多く頂きます。

実は坐骨神経痛は病気の名前ではなく痛みやしびれが現れる症状の名前だということをご存知でしょうか?

【スポンサード リンク】


この事をしっかり理解しておくことであなたの坐骨神経痛の改善の糸口が見えてきますのでしっかりと最後まで読んでくださいね(*^^*)

坐骨神経痛の正体っていったい何?

坐骨神経痛の正体としては特に「腰椎椎間板ヘルニア」や「腰部脊柱管狭窄症」という病気が原因であることが多いです。

その病気の代表的な症状としては、お尻から太ももの後ろ側、ふくらはぎやすねの外側に痛みやしびれがでます。

つまりこれが坐骨神経痛の正体なのです。

坐骨神経痛を感じたらまず、この「腰椎椎間板ヘルニア」や「腰部脊柱管狭窄症」という病気を疑ってみましょう。これらは整形外科に行き、レントゲンやMRIをすることで判断できます。

坐骨神経とは

坐骨神経痛とは

坐骨神経とは上の図のように、腰椎の下から出ていて、お尻、太もも裏、ふくらはぎ、かかと、足の裏まで伸びる神経です。

この神経に何かしらの障害があると痛みやしびれが出ます。

坐骨神経痛が発生する要因

坐骨神経痛が発生する要因としては、

  • 坐骨神経の炎症
  • 事故等による坐骨神経の損傷
  • 腫瘍による坐骨神経の圧迫

等が考えられます。

坐骨神経痛を治すには?

坐骨神経痛を治すには何が痛みやしびれの原因になっているのかを徹底的に突き止めなければなりません。

自分の判断で痛み止めを飲んでも一時的な痛みは収まりますが、たいていの場合悪化していき気づいたときには重症になっていることも。

ただし、ほとんどの人の場合は腫瘍や神経の損傷などではなく、筋肉の疲労や運動不足や姿勢が悪い事による筋肉の硬直が原因とされています。

したがって、まずは、整形外科に行き、レントゲンを撮る。

レントゲンの結果、腫瘍や神経の損傷では無いことが分かったら、十分な休息、そしてストレッチや歩行などで筋肉を正常にしてあげれば症状は自ずと改善していきます。

私の場合は布団が合わない事による筋肉疲労が原因でした。→参考記事

あなたもまず坐骨神経痛の原因をとことん探ってみてください。

必ず改善の糸口がみつかりますよ(^o^)/

登場人物A管理人

管理人が坐骨神経痛を改善した方法を知りたくありませんか?
坐骨神経痛の症状と治療法 自宅で治す方法【厳選3つ】


【スポンサード リンク】

【人気】坐骨神経痛が改善するオススメコンテンツTOP3

  1. 1週間で改善!坐骨神経痛を自宅で治す【3つの方法】

    管理人自ら実践し、たった1週間で坐骨神経痛が改善した3つの方法とは?

  2. 坐骨神経痛の布団はこれを選ぶべし!

    専門家に聞いた布団の「本音」○○○にしたら坐骨神経痛が2週間で。。。

  3. 坐骨神経痛 ストレッチ【厳選5動画】

    【FBいいね♪100以上】無料で改善!あなたの坐骨神経痛を改善する専用動画厳選5動画!

ページの先頭へ