坐骨神経痛の治し方 整形外科手術の種類と後遺症

治し方

坐骨神経痛も、あまりひどい場合は手術が必要になることがあります。

しかし、たいていの場合、いきなり手術に踏み切るケースは少なく、痛みに応じて鎮痛剤を投与しながら、マッサージなどの保存療法を行います。

それらの治療を続けていく中で、もうこれは手術するしかないなというレベルになってしまっている人にだけ、医師は外科手術を選択するのです。

坐骨神経痛を訴える人の中には高齢者も多く含まれるので、体への負担が大きい外科手術はできるだけ避けようという考えの医師が多いです。

それでは坐骨神経痛の整形外科手術の種類と後遺症について説明します。

【スポンサード リンク】


坐骨神経痛の整形外科手術ってどんなことをするの?

坐骨神経痛の整形外科手術はおおまかに2種類あります。

椎弓切除術

全身麻酔をした後、手術台に腹ばいになります。

そして、頚部の後ろにメスを入れて開き、棘突起や椎弓に付着している筋肉を剥がしたり、椎弓や棘突起を切除したりして、脊髄への圧迫を取り除きます。

術後、約二ヶ月ほどで退院できます。

開窓術

非常に難しい手術のため、日本では現在のところあまり多くは行われていません。

椎弓全体を取り去ってしまう椎弓切除術とはちがい、神経を圧迫している部分だけを取るのが特徴です。

手術の仕方は、椎弓切除術とほぼ同じです。

整形外科手術の注意点と後遺症

坐骨神経痛の整形外科手術は、脊髄という非常に重要な部分に対して行われるので、稀に脊髄損傷などの医療事故が起きたり、障害が残ってしまうケースもあります

手術を受ける際は担当医師の説明をよく聞いて、きちんと納得してから受けるようにしましょう。

腕のいい、信頼のおける医師を選ぶことが必要不可欠です。

【おすすめページ】坐骨神経痛の名医

登場人物A管理人

管理人が坐骨神経痛を改善した方法を知りたくありませんか?
坐骨神経痛の症状と治療法 自宅で治す方法【厳選3つ】


【スポンサード リンク】

【人気】坐骨神経痛が改善するオススメコンテンツTOP3

  1. 1週間で改善!坐骨神経痛を自宅で治す【3つの方法】

    管理人自ら実践し、たった1週間で坐骨神経痛が改善した3つの方法とは?

  2. 坐骨神経痛の布団はこれを選ぶべし!

    専門家に聞いた布団の「本音」○○○にしたら坐骨神経痛が2週間で。。。

  3. 坐骨神経痛 ストレッチ【厳選5動画】

    【FBいいね♪100以上】無料で改善!あなたの坐骨神経痛を改善する専用動画厳選5動画!

ページの先頭へ