坐骨神経痛 ブロック注射でいちばん大切なことはこれ!

治し方

坐骨神経痛は激痛を伴いますよね?その痛みを少しでも緩和させるため使用される一つの方法がブロック注射です。

方法はシンプル。痛みを発生させているだろう箇所を特定し、その部分に麻酔やステロイドなどを注入します。

さらっと書きましたが、実は「痛みを発生させているだろう箇所を特定」という部分が非常に重要です。つまりは、医師等の腕にかかっているということ。

とにかく評判のよい医師を探すべし!!

坐骨神経痛というのは、実際に痛い部分が必ずしも痛みの発生部分というわけではない複雑な症状なので、きちんとした検査と医師としての勘にかかっているのです。

何度もブロック注射を試みた方を見てきましたが、医師の腕によってその効果が違うのは間違いありません。とにかく評判の良い医師を探しましょう

【スポンサード リンク】
坐骨神経痛 ブロック注射

ブロック注射は一種類ではない

ひとくちにブロック注射といっても、いろいろ種類があります。

  • ファセットブロック注射・・・背骨後部にある突起のそばに打つ
  • 仙骨部硬膜外ブロック注射・・・手技的に容易で、外来での施術に適している
  • 腰部硬膜外ブロック注射・・・腰から足先まで下半身の病気に使われる
  • 椎間板内ステロイド注射・・・椎間板内にステロイドを注入して痛みを抑える
  • 神経根ブロック注射・・・かなり痛い注射。効き目は強い
このような感じで、症状に合わせて使い分けたり、一人の患者に何種類か併用して打つこともあります。


ブロック注射後の痛み

稀に注射を打つ際、注射針が神経に触ってしまうことがあり、それが原因で翌日になって痛みが出ることがあります。


このような場合は、患部をなるべく温めるようにすると楽になります。


ダメージも大きい

ブロック注射は神経根に与えるダメージが大きいので、あまり過剰に使用することはできません。


治療にブロック注射を使うのか、その場合はどの種類の注射にするのかなど、担当の医師とよく相談して決めるようにしましょう。


ブロック注射と聞くといかにも効きそうな感じがしますが、「痛い思いをして打ったのにほとんど効果がなかった」という声もよく聞きます。


また、体に与える影響も大きいので打つ前によく考え、本当に必要なのかを見極めましょう。

【おすすめ記事】ブロック注射よりも安全に痛みを取る方法

登場人物A管理人

管理人が坐骨神経痛を改善した方法を知りたくありませんか?
坐骨神経痛の症状と治療法 自宅で治す方法【厳選3つ】


【スポンサード リンク】

【人気】坐骨神経痛が改善するオススメコンテンツTOP3

  1. 1週間で改善!坐骨神経痛を自宅で治す【3つの方法】

    管理人自ら実践し、たった1週間で坐骨神経痛が改善した3つの方法とは?

  2. 坐骨神経痛の布団はこれを選ぶべし!

    専門家に聞いた布団の「本音」○○○にしたら坐骨神経痛が2週間で。。。

  3. 坐骨神経痛 ストレッチ【厳選5動画】

    【FBいいね♪100以上】無料で改善!あなたの坐骨神経痛を改善する専用動画厳選5動画!

ページの先頭へ