坐骨神経痛の痛み止めの種類を知っていますか?

治し方

坐骨神経痛になると、激痛ともいえる強い痛みが襲ってきます。

その耐えがたい痛みを楽にするため、様々な痛み止めの手段が用いられます。この記事では痛み止めの代表的な例を紹介します。

【スポンサード リンク】


ブロック注射

ブロック注射は、麻酔薬やステロイドを注射針を使って体内に注入し、痛みを抑えるものです。症状や痛みの原因に合わせていろいろな種類があります。

一般的に打つ際の痛みが強く、つらいと感じる人が多いですが、注射の種類が自分に合っていた場合はよく効いて症状が楽になります。

打ったあとでその部分が痛くなるときがありますが、これは注射針が直接神経根に触れてしまったためです。

関連記事:ブロック注射で痛みを緩和する

鎮痛薬

内服するタイプの痛み止めです。

ブロック注射のように痛い思いをする必要がなく、手軽に服用できますが、あまり過剰に摂取すると胃が荒れるなどの副作用が表れるので注意が必要です。

関連記事:坐骨神経痛の治し方 薬はあるの?

外科的手術

症状が悪化して痛み止めも効かないとなると、手術が必要になる場合もあります。

坐骨神経痛の手術は、患部にメスを入れて開き、悪いところを取るという方法が主流でしたが、最近ではレーザーで体に傷をつけることなく手術できる病院も出てきました。

関連記事:坐骨神経痛の治し方 整形外科手術の種類と後遺症

補足:症状が悪化する原因

痛み止めも効かないほど症状が悪化してしまう人は、安静を保っていない人が多いです。せっかくよくなりかけていても、無理して動いてしまうためまた悪くなってしまうんですね。

また、腕の悪い整体に通い続けることも、症状の悪化の大きな原因になります。楽になりたくてお金を出して整体に行ったのに、余計に悪くなってしまったのでは泣くに泣けませんね。病院も、整体も、情報を集めて評判のいいところへ行くようにしましょう。

痛み止めは、体に合っていれば非常に効果的な手段です。

でも、効き目が強い分副作用も強くなるので、あくまでも補助として使用し、病院や整体などでの治療、運動、生活習慣の見直しなどを中心に治していきましょう。

登場人物A管理人

管理人が坐骨神経痛を改善した方法を知りたくありませんか?
坐骨神経痛の症状と治療法 自宅で治す方法【厳選3つ】


【スポンサード リンク】

【人気】坐骨神経痛が改善するオススメコンテンツTOP3

  1. 1週間で改善!坐骨神経痛を自宅で治す【3つの方法】

    管理人自ら実践し、たった1週間で坐骨神経痛が改善した3つの方法とは?

  2. 坐骨神経痛の布団はこれを選ぶべし!

    専門家に聞いた布団の「本音」○○○にしたら坐骨神経痛が2週間で。。。

  3. 坐骨神経痛 ストレッチ【厳選5動画】

    【FBいいね♪100以上】無料で改善!あなたの坐骨神経痛を改善する専用動画厳選5動画!

ページの先頭へ