坐骨神経痛の症状(概要)

症状

坐骨神経痛になると、具体的に
どのような症状が表れてくるのでしょうか?

坐骨神経痛の症状

激痛

坐骨神経痛は、とにかく痛いことが特徴です。


「こむらがえりのような痛み」と表現されることが多く、
臀部(お尻)から太ももにかけてズキッと鋭い痛みが走ります。


特に急性の坐骨神経痛の場合は、椅子に座ったり、
歩いたり、立ち上がったりすることも困難なほど痛みが強いもの。


患部を冷やしながら、なるべく安静にし、
早めに整形外科を受診するようにしましょう。


しびれ

坐骨神経が圧迫されている状態なので、しびれが出ます。
しびれを感じるかどうかは、坐骨神経痛であるかどうかを
診断する大きな手掛かりになります。


歩行困難

強い痛みやしびれが出るため、
長時間の歩行が困難になります。


しばらく休むとまた歩くことはできるものの、
しょっちゅう休まなくてはなりません。


力が入らない

麻痺したような感覚で、足に力が入らなくなります。


注意力が散漫になる

足に力が入らなかったり、痛みやしびれが日常的に起きるので、
勉強や仕事に身が入らなくなります。


家庭でも、動くたびに激痛が走るので
まともに家事ができず、寝込んでしまう人もいます。


運動障害が起きる

坐骨神経を圧迫している状態なので、
放置しているとだんだん症状が悪化し、
様々な運動障害が表れます。


普通、人間の体は脳からの指令が
神経伝達経路を通り、思い通りに体が動かせるのですが、
その通り道である神経が圧迫されていることによって
指令がうまく伝わらないのです。


このように、不快な症状が次々と表れ、
しかも放置していても自然に治る疾患ではありません。


おかしいなと思ったら、
早めに整形外科を受診するようにしましょう。

登場人物A管理人

管理人が坐骨神経痛を改善した方法を知りたくありませんか?
坐骨神経痛の症状と治療法 自宅で治す方法【厳選3つ】


【スポンサード リンク】

【人気】坐骨神経痛が改善するオススメコンテンツTOP3

  1. 1週間で改善!坐骨神経痛を自宅で治す【3つの方法】

    管理人自ら実践し、たった1週間で坐骨神経痛が改善した3つの方法とは?

  2. 坐骨神経痛の布団はこれを選ぶべし!

    専門家に聞いた布団の「本音」○○○にしたら坐骨神経痛が2週間で。。。

  3. 坐骨神経痛 ストレッチ【厳選5動画】

    【FBいいね♪100以上】無料で改善!あなたの坐骨神経痛を改善する専用動画厳選5動画!

ページの先頭へ