坐骨神経痛の症状 太もも

症状

坐骨神経は太ももの部分にも通っています。
そのため、坐骨神経痛になると、
太ももにも痛みやしびれが表れてきます。

坐骨神経痛の症状 太もも

太ももに痛みやしびれが表れたら受診を

坐骨神経痛の痛みは、臀部(お尻)から足先へと、
だんだん下のほうへ伝わっていきます。


痛みとしびれが足先のほうまで行ってしまうと、
もうかなり症状が進んでいるということになるので、
太ももに違和感を感じた時点で早めに整形外科を受診するようにしましょう。


麻痺してるような、かすかにしびれる感覚

何年も前から、このような「ん?」という違和感を感じていて、
ある日突然激痛が!という人が多いです。


それほど困ってない、軽い症状の段階では
なかなか病院に行こうとは思わないんですよね。


ぞれに、腰痛という言葉は知っていても、
坐骨神経痛という言葉を知っている人はそれほど多くないかもしれません。


なんだか不快な状態が続くな・・・と思ったときは、
自己判断は避け、専門家の意見を仰ぎましょう。


稀にとんでもない病気が隠れていることもあります。
用心に越したことはありませんね。


臀部(お尻)も同時に痛む

坐骨神経痛の痛みは、上から下へと伝わっていくので、
太ももに痛みが出る頃には、もう腰や臀部(お尻)にも
痛みが出ていることが多いです。


太ももだけでもつらいのに、その上臀部(お尻)まで痛くて
椅子にも座れないというのは困ってしまいますね。


こんな時は、状況が許す限り、
無理せず横になって休みましょう。


太ももは、普段生活していて
それほど筋肉痛を感じることもない場所です。


だからこそ、
この部分が痛んだりしびれたりする場合は赤信号


何か異常が起きているのだと考えて、
早めに病院へ行くようにしましょう。

登場人物A管理人

管理人が坐骨神経痛を改善した方法を知りたくありませんか?
坐骨神経痛の症状と治療法 自宅で治す方法【厳選3つ】


【スポンサード リンク】

【人気】坐骨神経痛が改善するオススメコンテンツTOP3

  1. 1週間で改善!坐骨神経痛を自宅で治す【3つの方法】

    管理人自ら実践し、たった1週間で坐骨神経痛が改善した3つの方法とは?

  2. 坐骨神経痛の布団はこれを選ぶべし!

    専門家に聞いた布団の「本音」○○○にしたら坐骨神経痛が2週間で。。。

  3. 坐骨神経痛 ストレッチ【厳選5動画】

    【FBいいね♪100以上】無料で改善!あなたの坐骨神経痛を改善する専用動画厳選5動画!

ページの先頭へ